最新の「おしらせ」

「機関紙ぬくもり」80号 発行

11月1日「機関紙ぬくもり」80号を発行しました。
11月号の「広報かに」にて各戸折り込んでおりますので、ご覧ください。

広報かにの配布の無いご家庭の方へは、市役所人づくり課・可児市総合会館・各地区センター・子育て健康プラザmanoにてラックなどで配布しております。

80号には「高齢者の人権講演会」の案内や「市民人権意識調査」の速報を掲載。


4コママンガ「ぬくもりまゆちゃん」最新話も掲載しています。
是非お手に取ってご覧ください。

最新の「活動報告」

第2回「高齢者講演会」リーダー会

 本センターの大きな啓発活動の一つで、毎年人権講演会を開催します。その講演会に向けて、担当リーダー会を開催し、リハーサルを行いました。

 今年度のテーマは、
「高齢者人権 講演会」~生涯元気に暮らすには!!~

 講演では、軽度認知症予防についてのお話や、頭の体操などを行います。

 講師の薬袋氏と橋本氏は、岐阜医療科学大学の教授をされています。
 先生方から、これからの余生を楽しく暮らしていくヒントを勉強できればと考えています。

「高齢者の人権講演会」
  
  〇場所:可児市福祉センター(大ホール)
  〇日時:令和4年12月3日(土) 13:00~15:00
  〇講師:薬袋淳子氏・橋本廣子氏(岐阜医療科学大学教授)

 多くの皆さまの参加をお待ちしております。

最新の「心のビタミン」

「周囲に対する思いやりを忘れない」

 本センターでは、可児市民への様々な人権啓発活動をしています。

 9月~12月一杯は、啓発活動が重なるため、事務局はその準備で慌ただしく時間に追われているような感覚で、バタバタと動き回っています。

 しかし、せかせかと落ち着かずにいると心が楽しみを感じることもなく、すり減ってしまいように思います。

 12月10日(土)に、マーサ21で行われる岐阜県人権啓発活動ネットワーク協議会主催の「人権フェスティバル㏌ぎふ」への参加の依頼がありました。

 「はい!参加します」と担当の岐阜県人権啓発センターの方には返事をしましたが、実際には、私達事務局のみでは、今の仕事の量をこなし新たな活動を引き受けるのは、少し出来るかどうか不安でした。

 そんな時、地域から推薦された推進員のSさんにこの状況を話すと「何を言ってるの!!人権啓発センターは、こんなに皆に紹介するだけの凄い物がたくさんあるから、私が手伝うから、是非やりましょうよ!」と勇気をもらえる言葉が返ってきました。

 このまま一人で、「忙しい、忙しい」と落ち着かずに動き回っていると心のゆとりがなくなり、少しのことでイライラして事務局の人間関係がギスギスしていたかもしれません。

 Sさんや事務局員さんには、感謝しかありません。

 どんなに忙しい時でも周囲に対する思いやりや感謝を忘れないことは、大切なことであると改めて感じました。