最新の「おしらせ」

「機関紙ぬくもり」84号 発行!

11月1日「機関紙ぬくもり」84号を発行しました。
11月号の「広報かに」にて各戸折り込んでおりますので、ご覧ください。

広報かにの配布の無いご家庭の方へは、市役所地域協働課・可児市総合会館・各地区センター・子育て健康プラザmanoにてラックなどで配布しております。

84号には「令和5年度 人権啓発標語・300字小説」入賞37作品を掲載。

4コママンガ「ぬくもりまゆちゃん」最新話も掲載しています。
是非お手に取ってご覧ください。

最新の「活動報告」

第1回「ぬくもり教室」「人権漫画展示」リーダー会

 令和6年11月下旬ごろ、今渡北小学校・土田小学校の3・4年生を対象に「ぬくもり教室」(小学校人権教室)を開催します。その人権教室のリーダー会を開催しました。

 担当推進員のリーダー自ら作成していただいた実施要項を見ながら、再度内容の検討をしていきます。

 人権教室は昨年同じような内容で行っていますが、基本的なテーマは同じでも、子ども達への言葉がけや子ども達が理解しやすいように、よりパワーアップした内容に変更します。出来上がった要項を持参して、夏休み期間に開催校の人権担当教員との打ち合わせを行います。  

 人権漫画展示(11月~12月頃予定)では、福祉センター等でこれまで描き溜めた人権漫画の原画を展示します。今後担当推進員はそのパネルの作製をしていただきます。

 より良い「ぬくもり教室」「展示会」となるように、これからも研鑽を重ねていきたいです。

最新の「心のビタミン」

「世界、幸福度ランキング」発表される!―幸せ感とは?

 先ごろ24年度の「世界幸福度ランキング」が発表されました。

 日本の幸福度は、相変わらず低く51位であり、先進国で最下位だと言う。幸せを感じるのに、一定の基準があるわけではないがー。

 人は、日常生活で不憫(ふびん)なことや個々の悩みが多くあり、これらの解決が難しければ、幸せ感を感じにくくなるもの。しかし日常の生活が坦々としていても、健康であれば、その尊さに気づくことも有りうると思う。いわゆるこの事がいくつあれば幸せと思う基準はなく、人それぞれである。また老若男女の違いもあろう。若者は金銭や欲求物が豊富であれば、幸せ感は増えると思う。しかし物というよりは、日常の安らぎや優しさ等が優先される人もいるであろう。

ともかく幸せは、自分の日常生活の中からうまれるもの。

価値があると思えることに、生き切ることのように思う。

 私どもの人権活動は、皆さまにとって大切な「人間が人間として幸せに生きていく権利」擁護の活動により、皆様の幸福が益々醸成されますように、精励してまいります。 (y・k) (m・h)