人権啓発センターとは

人権擁護都市宣言

私たちは、互いに相手を尊重しあいながら、人間としてかけがえのない人生を、心豊かにしあわせにすごせる社会が実現することを願っています。
今私たちには、自らの人権感覚を高め、人権尊重の輪を広げ、生きがいと思いやりのある都市(まち)を築くよう努めることが求められています。
私たち、可児市民は、「心豊かな活力とうるおいのある住みよい都市(まち)・可児」の実現をめざし、ここに可児市を「人権擁護都市」とすることを宣言します。

(平成3年12月7日宣言)

人権啓発についての基本的な考え方

「人権擁護都市宣言」の実現を目指して、健やかな土壌づくりに寄与するとともに、一人でも多くの人が、自らの人権意識を高め、人権尊重の輪を広げていきます。

方針と重点

(1)方針とスローガン

★方針=人権にかかわる今日的課題を敏感に受け止め、新しい時代に即応する人権思想の啓発活動を推進します。        
★スローガン=「はぐくもう思いやりの心」又は(はぐくもう おもいやりの心)

(2)願いと重点

市民一人一人が思いやりの心を持ち、豊かな人間関係をつくることを願って、次のことを重点としてこの問題の解決に努めることとし、またそのための人間尊重の意識の高揚を図ります。

  • 同和問題等:差別問題。
  • 子どもの人権問題(いじめ・虐待・体罰・児童ポルノ等)。
  • 女性の人権問題。
  • 高齢者の人権問題。
  • 障害者の人権問題。
  • 外国人の人権問題。
  • エイズ患者、HIV感染者、ハンセン病患者等の人権問題。
  • アイヌの人々の人権問題。
  • 刑を終えて出所した人たちの人権問題。
  • 企業(組織・団体)の人権(パワハラ・セクハラ等)。
  • その他の人権問題。
    特別重点項目:上記の通り、人権の柱は、多くありますが、マンパワー等により、下記事業活動項目を実施していきます。人権の柱は、年間を通して主に1項目位を特集し、行事を組むこととします。 
    「子どもの人権」対応:常態的には、下記行事を実施します。特に「子どもの人権」は、人権教育をする機会上で大事な時期と捉え、継続実施とします。いじめ防止は、人権教育の上で大事でありますので、学校行事企画として取り入れていきます。特に本センターでは、いじめ防止勉強会を持ちいかにあるべきかを、事務局長が、市の「いじめ防止専門委員会設立」に関わってきたことの考えもあり重視しています。またスタッフでの「いじめ防止勉強会」の発足(いじめ防止のありよう)・また心の醸成のための「道徳勉強会」を発足して、これをまとめて提言書・経緯説明書等を市長・教育長に提言しています。

事業内容

  1. 広報紙「ぬくもり」の発行:(年3回 ) ・センターだより発行:(随時)  
  2. ぬくもり懇話会 (フォーラム):随時(市民対象)
  3. 「ぬくもり講演会」又は「地域ぬくもりの集い」:年1回(市民対象)
  4. 人権相談: 随時受付(受付時面談日等打合せ)
  5. 人権出前講座: (地域・学校・企業・組織団体等)
  6. 可児市民の「人権意識調査」 :(4年毎)
  7. 街頭啓発活動: (宣伝車啓発 年4回・市内大型店舗・公民館等にて)
  8. 書籍・ビデオの貸出し:随時
  9. 小中学校人権教育支援事業:①(小中学校人権本巡回制度<ぬくもりブックスフロー>小学校2コース・中学校1コース) 1ヶ月巡回――児童生徒用・教師用20~30冊  ②学校巡回セミナー制度(ぬくもり教室・年2~3校)③標語・300字小説の募集 (他:高・一般含む)
  10. 人権展示活動:人権週間中(市役所ロビー)・人権巡回展(公民館等随時)・県人権フェスタ等出展
  11. その他の人権問題の啓発

人権啓発センターの沿革    

平成2年度 4月:法務省及び全国人権擁護委員連合会から「平成2年度人権尊重モデル地区」の指定(1ヵ年)を受け、市民人権意識調査、特設人権相談所の開設、講演会等人権思想の啓発活動が展開される。
平成3年度 12月7日:「可児市人権啓発センター」創設、事務局は可児市福祉センター内に置かれた。総会後、市長を先頭に大型店舗にて街頭啓発を実施。人権啓発センターのシンボルマークの公募、各種研修会の開催等人権の街“かに”の構築に向けての活動が始動される。
平成8年度 4月:事務局が可児市総合会館分室に移転された。当センターの規約が改正され、地域に根ざした啓発活動が展開される。
平成10年度 4月:可児市人権啓発推進委員会(推進員10名)が設置される。
平成12年度 4月:役員組織が全面的に見直され、(官主導から民主導へ)規約が一部改正される。
8月:市民の人権意識調査を実施(第4回)
平成13年度 12月:本センター設立10周年
平成14年度 8月:市民の人権意識調査を実施(第5回)
平成18年度 9月:市民の人権意識調査を実施(第6回)
平成20年度 10月:人権相談室設置
10月:人権展示室設置
平成21年度 6月:本センターキャラクターデビュー
6月:新ホームページ発信
平成22年度

4月:可児市人権施策推進指針発行
8月10日~25日:市民の人権意識調査を実施(第7回)

平成23年度 6月:本センター紹介パンフレット改定版発行
12月:本センター設立20周年
平成24年度 H24年度事業実績:人権啓発人口初の1万人突破!
平成25年度 4月:いじめ防止協力団体認定・1号の証を市長より受ける。
平成26年度 4月:新会長就任・副会長・監事他2理事の5人体制化とする。
8月:第8回市民意識調査実施
平成28年度  12月:本センター設立25周年
平成29年度  7月:機関紙「ぬくもり」64号より発行日変更=7月・11月・3月とする。
平成30年度  

組織

可児市人権啓発センター組織図

地図  -----注意:2019年4月より下記の地図で示した、総合会館に移転します。

 

周辺地図
可児市人権啓発センター
〒509-0203 岐阜県可児市下恵土5166-1(可児市総合会館分室内)
TEL・FAX (0574)63-7990

個人情報保護について・他

プライバシーポリシー(個人情報保護についての考え方)
 
1.趣旨
可児市人権啓発センターでは、個人情報の取扱いに関してのプライバシーポリシーを策定し、皆様の個人情報をはじめとする全ての個人情報を安全かつ適切に取り扱うことをお約束いたします。
 
2.法令等の遵守
当センターは、個人情報を取り扱うにあたっては、「個人情報の保護に関する法律」に準じた取扱を行い、本プライバシーポリシーを遵守いたします。
 
3.個人情報の取り扱い
当センターは、業務に必要な範囲で個人情報を収集することがあります。収集する個人情報は、予め目的を明らかにし、その利用目的以外の使用は行いません。
ただし、 法令に基づく場合など、「個人情報の保護に関する法律」に規定のあるものは除きます。
 
4.人情報の開示および訂正等
当センターは、ご本人から個人情報の開示、訂正等(訂正、追加、削除、利用停止、消去または第三者への提供の停止をいいます。)を求められた場合は、本人であることが確認できた場合に限り、法令の規定に従い対応させていただきます。また、個人情報の開示につきまして実費費用が発生した場合は、その費用を頂きます。
5.見直し
  個人情報の取扱いにつきましては、上記各項目の内容を適宜見直し、改善してまいります
 

6.お問い合わせ・他の開示について  
本プライバシーポリシーに関するお問い合わせにつきましては、当センターまでお願いします。
他の開示については、、本センターでの運営上の事務的な情報については、可児市の公開条例に準じます。適切なる申請により受付し、当該協議会により内容協議の上、公開判断をさせていただきます。

7、著作占有権設定について
・本センターでのキャラクター「ぬくもり・まゆちゃん一家」での各キャラクターの各「形態」また各「呼び名」の使用、また本キャラクターマンガ・作品等の使用権は、本センターの許可なく使用を禁止します。
・その他、サイドメニューでのイラストギャラリー内での作画についても同様とします。

可児市人権啓発センター事務局  ℡:0574-63-7990                          


 
 
 

 

プリンタ用画面

ページ上部へ