ぬくもり53号

 | アーカイブ | RSS | 

ぬくもり53号

カテゴリ : 機関紙ぬくもり | 投稿日 : 2013年10月15日

 秋は、豊穣の時です。何もかも蓄える時です。
身体も鍛え、心にも栄養を蓄える時です。
お母さんが夜長の囲炉裏で読んでくれた本ガ思い
起こせます。心の育ちとなり成長の走りとなります。
親から誉められることは子どもは嬉しいものです。
人としての芽吹きとなるのです。
そして、やがてそのことから感謝の心が生まれ
人との生き合いが生まれます。その初めが家族なのです。
おじいちゃんおばあちゃんへの感謝、兄弟等の絆が分かっ
てきます。いわば花が咲いてきます。
そして人生の多くを体験しながら、人として熟され最終章を
迎え極める人に、人を大切にして、互いの良さを築き(サポート)
合える人となるのです。

ページ上部へ