人権意識調査集計結果(調査概要)

市民の人権意識は?

可児市人権啓発センターでは、平成3年の開設以来、数年ごとに「市民の人権意識調査」を実施してきました。
この調査の目的は、市民の皆さんの人権意識の実態を把握し、問題点があれば、その解決のための啓発活動を進めていくと共に、調査結果を機関紙に公表し、市民の皆さんの人権に対する関心を高めていただくものです。

調査は、過去と調査内容をほぼ同じにして、比較できるようにしております。

  調査の時期 調査の方法 対象の属性
(20歳以上)
回答者数 回答率

平成30年度(第9回)

調査結果準備中

 

平成30年
8月1日~8月15日
無作為抽出
(市民1000名)
男性:500名
女性:500名
男性:187名
女性:225名
不明:3名
男性:37.4%
女性:45.0%
H26年度(第8回)

平成26年
8月1日~8月15日

 

無作為抽出
(市民1000名)
男性:500名
女性:500名

男性:165名
女性:241名
不明:3名

男性:33.0%
女性:48.2%

H22年度(第7回)

平8月10日~8月25日

無作為抽出
(市民1000名)

男性:500名
女性:500名

男性:200名
女性:243名
不明:6名

男性:40.0%
女性:48.6%
H18年度(第6回) 平成18年
8月21日-9月11日
無作為抽出
(市民700名)
男性:350名
女性:350名
男性:127名
女性:169名
男性:36.3%
女性:48.3%
合計:42.3%
H14年度(第5回) 平成14年
8月15日-30日
無作為抽出
(市民500名)
男性:250名
女性:250名
男性:88名
女性:103名
男性:35.2%
女性:41.2%
合計:38.2%

 ADOBE READER ダウンロードへのリンク
調査結果はPDFファイルへのリンクとなっております。PDFファイルを表示・印刷するには、上記バナーよりソフトウェアを入手して下さい。

ページ上部へ