おしらせ

 | アーカイブ | RSS | 

人権って、なあに?

カテゴリ : お知らせ | 投稿日 : 2019年01月07日

 人権とは人が人として大切にされる権利、人間らしく幸福に生きる権利のことです。私たちの身の回りでは、外国人、障がいのある人、高齢者、犯罪被害者など様々な人が存在しており、人間は皆同じではありません。時には誰かの言葉や態度により、いじめや差別など人を傷つけることもあります。身近な人権問題について正しく理解し、様々な人権に配慮する必要があります。

 でも人権という言葉を聞くと、何か、難しいもののように感じます。「人権」とはすべての人に保障されているものです。だからこそ、もっと身近なもの、私たちのまわりにあるものとのかかわりを見つけ、自分自身のこととして考えてみませんか。

【いじめは見ぬふりもだめです!】

   みんな仲良く友だちを大切にしましょう。

【障がいがある人などに配慮していますか?】

   違いを認めお互いに助け合いましょう。

【肌の色や宗教などで差別していませんか?】

   お互いの文化的な違いを認め合いましょう。

【子どもや高齢者に手を上げていませんか?】

   虐待(育児放棄も含む)です。しつけと体罰は違います。

【家事はお母さんがするものと思っていませんか?】

   子育ても介護も家族みんなで役割分担しましょう。

【陰口(インターネット)などで友達を傷つけていませんか?】

   他人への誹謗中傷、無責任なうわさなどはやめましょう。

【セクハラ(性的嫌がらせ)などはありませんか?】

   相手が不快に思うことはやめましょう。

【同和問題を知っていますか?】

   正しく理解しましょう。

【性の多様性を認めていますか?】

   心ない好奇な目で見たり、強い偏見や差別はやめましょう。

など

家庭で、身近な人権問題について話し合ってみましょう!

新年のご挨拶

カテゴリ : お知らせ | 投稿日 : 2019年01月01日

 謹んで新春のお慶びを申し上げます。

  皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。

  本年も昨年同様のお力添えとご指導、ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

  皆様にとりまして本年も良い年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

       平成31年1月1日

 可児市人権啓発センター会長 齋藤美智子

 

 1月4日(金)より本年の業務を開始します。

<年末年始休暇のお知らせ>

カテゴリ : お知らせ | 投稿日 : 2018年12月27日

 12月29日(土)から1月3日(木)まで、本センターは休ませていただきます。

 尚、緊急等は、0574(62)1111可児市役所にご連絡ください。

 今年も皆様方には、本センターへのご高配とご指導ご鞭撻を頂き、心から感謝申し上げます。

 本当にありがとうございました。

可児市人権啓発センター

一万人啓発活動を目指して !

カテゴリ : お知らせ | 投稿日 : 2018年12月11日

 本センターは「はぐくもう 思いやりの心」をスローガンに、毎年一万人を目標とした、市民一人ひとりの人権意識の高揚に向けた啓発活動に取り組んでいます。

 今年度は、子どもの人権教育への事業継続と外国人人権を重点活動主題とし、個々の価値観や生き方を認め合い、誰もが等しく、互いに尊重し合える地域社会を目指した人権教育、人権啓発を積極的に実施しています。

 皆さんも身近なことから人権を考えてみてください。

 <みんなで築こう人権世紀>

  考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう違いを認め合う心

啓発活動強調事項

1.女性の人権を守ろう

2.子どもの人権を守ろう

3.高齢者の人権を守ろう

4.障害を理由とする偏見や差別をなくそう

5.部落差別等の同和問題に関する偏見や差別をなくそう

6.アイヌの人々に対する偏見や差別をなくそう

7.外国人の人権を尊重しよう

8.HIV感染者やハンセン病患者等に対する偏見や差別をなくそう

9.刑を終えて出所した人に対する偏見や差別をなくそう

10.犯罪被害者とその家族の人権に配慮しよう

11.インターネットを悪用した人権侵害をなくそう

12.北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めよう

13.ホームレスに対する偏見や差別をなくそう

14.性的指向を理由とする偏見や差別をなくそう

15.性自認を理由とする偏見や差別をなくそう

16.人身取引をなくそう

17.東日本大震災に起因する偏見や差別をなくそう

第70回人権週間

カテゴリ : お知らせ | 投稿日 : 2018年12月04日

12月4日から10日は第70回人権週間です。

<みんなで築こう人権世紀>

考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう違いを認め合う

 昭和23年(1948年)第3回国際連合総会で世界人権宣言が採択され、本年で採択70周年を迎えます。

 国際連合は、世界人権宣言の採択を記念して、採択日の12月10日を「人権デー」と定め、加盟国に対し、人権擁護活動を推進するための各種行事を実施するよう要請しています。

 法務省と全国人権擁護委員連合会は、「人権デー」を最終日とする、12月4日から12月10日までの1週間を「人権週間」と定め、人権尊重思想の普及高揚に努めています。

 本センターも「はぐくもう 思いやりの心」をスローガンに、市民一人ひとりが、人権を正しく学び、ぬくもりと思いやりの心を持ち、豊かな人間関係がつくられるよう、「人権週間」中、人権作品展をはじめとする啓発活動を行います。

「第70回人権週間」強調事項

 1. 女性の人権を守ろう

 2. 子どもの人権を守ろう

 3. 高齢者の人権を守ろう

 4. 障害を理由とする偏見や差別をなくそう

 5. 部落差別等の同和問題に関する偏見や差別をなくそう

 6. アイヌの人々に対する偏見や差別をなくそう

 7. 外国人の人権を尊重しよう

 8. HIV感染者やハンセン病患者等に対する偏見や差別をなくそう

 9. 刑を終えて出所した人に対する偏見や差別をなくそう

10. 犯罪被害者とその家族の人権に配慮しよう

11. インターネットを悪用した人権侵害をなくそう

12. 北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めよう

13. ホームレスに対する偏見や差別をなくそう

14. 性的指向を理由とする偏見や差別をなくそう

15. 性自認を理由とする偏見や差別をなくそう

16. 人身取引をなくそう

17. 東日本大震災に起因する偏見や差別をなくそう

 

皆さんもこの人権週間に身近なことから人権を考えてみませんか。

 

市民人権意識調査報告書まとまる!

カテゴリ : お知らせ | 投稿日 : 2018年11月15日

 8月に市内に在住する20歳以上の方1,000人を対象に実施しました、人権に対する市民意識調査の報告書がまとまりました。

 この調査は、これまでに実施してきた人権啓発の効果と課題を検証するとともに、市民の人権についての意識を把握し、より適切かつ効果的な啓発活動や施策の推進を図るための基礎資料を得ることを目的としています。

 平成3年の本センター設立時に、市民人権意識調査が事業のひとつに盛り込まれていることから、おおよそ2年から4年に一度実施し、前回は平成26年度に行っているため、4年目の本年度調査を実施しました。

 ※調査報告書は

12月1日以降各連絡所にありますので自由にお持ちください。

 

 

 

 

   【このホームページの『可児の人権意識』でもご覧いただけます。】 

人権啓発標語・300字小説入賞作品決まる

カテゴリ : お知らせ | 投稿日 : 2018年11月01日

 今年度募集いたしました、人権啓発標語・300字小説の最優秀作品と優秀作品及び入選者の皆さんです。

 

【標語の部】(応募総数2,967作品)

[最優秀賞]

 その言葉 大事な人にも 言えますか?    高橋 萌さん(中3)

 

[優秀賞]

 一人じゃない みんながいるから 頑張れる  河合 麻奈美さん(中3)

 「だめだよ」と 言える勇気を 大切に    細谷 和花さん(小6)

 暴力は 言葉の中にも あるんだよ      鈴木 颯真さん(小6)

 その勇気 世界をかえる かぎになる       小林 柚暉さん(小3)

 ありがとう 笑顔あふれる あい言葉     山本 華煉さん(小6)

 

[入選]

 堀尾 亮太さん(小6)・中村 美月さん(小6)・松本 仁之介さん(中1)

 加藤 凪紗さん(小3)・山本 レナさん(中3)・若尾 奏良さん(小4)

 末木 美遥さん(小5)・津下 あいさん(中1)・芳村 留維さん(中2)

 佐橋 瑠按さん(小2)・松野 愛莉さん(中2)・古山 琴葉さん(中3)

 工藤 愛佳さん(中3)・大森 咲槻さん(小4)・西川 恵都さん(小6)

 ねりからし(ペンネーム)(中1)・兼山 瑛匡さん(中3)

 西尾 陽翔さん(中3)・岩田 恭長さん(小6)・谷渡 理湖さん(小5)

 谷口 瑞紀さん(小6)・奥田 哲平さん(小5)・富田 妃葵さん(小3)

 稲原 翔真さん(小6)

 

【300字小説の部】(応募総数493作品)

[最優秀賞]  

  肥田 萌希さん(中1)

  友達がいなくて、クラスで浮いてる存在の僕は、いつも陰口を言われている。その度に僕の心に小さな小さな穴が、少しずつ空いていく。今では、ゲンコツ大くらいの大きな穴が空いてしまっている。もうがまんの限界だ。

 「今日も学校にいくのか・・」そんなことを思いながら教室に入ると、やっぱり陰口は続いている。僕は耐えきれなくなった。すると、僕の目の前で予想だにしないことが起こった。前の席の男の子が、大声でこう言った。「みんなもうやめろよ。」それから、僕に向かって、「友だちなのに、困ってたこと気づけなくてごめんな。」と謝ってくれた。嬉しかった。そうか。友達か。僕は、穴の空いた僕の心を埋め戻してくれた彼を、大切な存在だと思った。

 

[優秀賞]

  芦田 優奈さん(中3)

 学校の帰り道。前で歩いていたおばあさんの荷物はすごく重そうだった。私は今までそういうのを見ても、怖くて話しかけることが出来なかった。「自分を変えたい。」そう思った。だから勇気を振りしぼって、言った。

「大丈夫ですか。」

言った時、なんだか心がポカポカしてきた。おばあさんは笑顔で、

「ありがとう。」

と言ってくれた。言葉は魔法だ。こんなにうれしいことは今までになかった。勇気を出してよかった。

 あのとき、勇気を出せたから、自分を変えることが出来た。たった一言で人は変われる、そう信じてこれからも生活したい。

 

  中丸 温翔さん(小6)

 ぼくは父の姿を見て新聞配達を始めた。近所にはいつもぼくの新聞を待っていてくれる おばあさんがいた。毎日、新聞をもらうと、

「ありがとう。」

 といって新聞をもらってくれた。そんなある日のことだった。おばあさんは亡くなった。 葬式には、たくさんの人が訪れ、ぼくも参加した。そこへぼくの所におばあさんの親せき だろうか男の人がやってきて、こう言った。 「いつも新聞配達ごくろうだったね。実は、おばあさんは昔から目が悪くて文字が読めな かったんだよ。君が来るのが楽しみって…。」

 その後は、かすかしか聞こえなかった。ぼくは、ただ泣くだけだった。けど、涙は、なぜか輝いて見えて、やって良かったと思えた。

 

[入選]

 大平 敦之さん(小6)・中村 遥香さん(中1)

 マドウム ニコルさん(小6)・古賀 晴翔さん(小6)

 

入賞作品展【観覧自由】

日 時 : 11月22日から12月11日まで (図書館の開館時間)

場 所 : 可児市図書館本館(1F) 

「街頭啓発活動」実施

カテゴリ : お知らせ | 投稿日 : 2018年09月27日

 当センターでは、「はぐくもう 思いやりの心」をスローガンとして、人権にかかわる今日的課題を敏感に受け止め、市民一人ひとりが

 ・ぬくもりと思いやりの心を持ち

 ・人権を正しく学び

 ・豊かな人間関係をつくる 人権教育・人権啓発により、

人権問題への理解の向上と人づくりを進めています。

 その事業のひとつで、市民の皆さんと直接会話し当センターの活動及び人権啓発をする街頭啓発を次のとおり実施します。

【こころの健康を大切に!】可児市健康フェアにおいて

 可児市文化創造センター(アーラ)

 10月14日(日)午前10時から(1時間程度)

【地区センターまつり】姫冶ふれあいまつりにおいて

 姫冶地区センター

 11月4日(日)午前10時から(1時間程度)

      

「外国人人権」講演会2018【入場無料】

カテゴリ : お知らせ | 投稿日 : 2018年09月19日

本年度の重点事業であります「外国人人権について」、次のとおり講演会を計画いたしましたので、ご自由にご参加ください。

 なお、「人権マンガ展」も福祉センター・ホワイエにて9月19日から26日まで同時開催いたしておりますので、併せてご覧ください。

テーマ : 外国人と人権

日 時 : 平成30年9月21日(金) 午前10時10分から

場 所 : 可児市福祉センター 1F大ホール

講 師 : 可児市国際交流協会 事務局長 各務眞弓 氏

協 力 : 可児市民生児童委員連絡協議会

※お詫び:当センター機関紙「ぬくもり」等で27日(木)で お知らせしておりましたが、21日(金)に変更いたしました。 

【問い合せ】 可児市人権啓発センター  TEL63-7990

北海道で震度7の地震

カテゴリ : お知らせ | 投稿日 : 2018年09月07日

北海道を震源とする地震が発生しました。

 被災者の皆様にお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになられました方々のご冥福を心からお祈り申しあげます。

(1) 2 3 4 5 »
ページ上部へ