ぬくもりブックス・フロー

主旨   ★21年度以来継続・実施してきました。このシステムの一部改善・変更をして現在、下記の通り実施しております。

  1. 子ども達が、心豊かになる子供用「文科省選定本」等(センター保管の本)を読んでもらう事により心の醸成を図る。
  2. 各学校での人権教育推進委員の先生方等にも同様に、指導して頂く上で参考となる本を同時に巡回提供したい。
  3. 本センターの保管本貸出し制度の、より有効活用を図りたい。
    また市図書館と提携して、人権本(道徳・倫理的な内容等)の本の供出をしてもらい充実を図っている。
    人権本の内容に応じて、友情・勇気・希望等のシールを本の背に貼っている。

制度の概要

  1. 発足日:平成21年6月1日
  2. 期間:平成21年6月1日~平成29年度実施中。
    その後も延長していきます。
  3. コース分け数:小学校2コース…計2コース(現在)
  4. 巡回期間:1ヶ月毎
  5. 学校間の持ち運び:本センターが実施
  6. 巡回本置き場所:各学校図書室
  7. 管理責任:本の紛失等問わず。但し「通い本箱」の保管と管理票の書き方のみ依頼したい(信頼貸出し)。
  8. 本の管理用法:下記の栞(しおり)の下部にミシン目を付け、そこから切り取った部分(管理票)を図書貸出し、また読書時に記入して、貸出し箱(鍵付き)に投入して、貸出し(1週間以内)また読書をしてもらう。
    栞は、差し上げる。
    本の有り無し、また管理票での読書数チェック等は、センター管理する(個人情報含む)。
  9. 栞の枚数:各校50×4種=200枚配置(不足時追加)
  10. グループ分けと流れ
      5月 6月 7月 9月 10月 11月
    Aコース(東部) 土田 帷子 南帷子 春里 桜ヶ丘
    Bコース(西部) 今渡南 今渡北 兼山 広見 東明  
  11. 栞の形:栞には、人権啓発のフレーズ・写真等いれた、厚紙の滑々紙として、子どもが喜ぶ物としたい。
     本ホームページの目次のーー人権4コマ漫画「ぬくもりまゆちゃん」を栞としている。
  12. 通い本箱の形:安全に留意し安定堅固とする。   
    13、人権本の冊数
    =子ども用約60冊~
     
    通い本箱の写真

★このシステムの内容のは、常々改善をして実施してきましたので、平成29年3月末に更新しました。

ページ上部へ